【2023年】車金融(車担保融資)とは? 車を担保に資金調達できる?

高級車専門の車金融(車担保融資)のCarPAYです。

貴方はお持ちのマイカーを担保にお金を借りることができるのを知っていますか?

「車担保融資」という、自動車を担保として融資するシステムです。

本記事では、そんな車担保融資(車金融)について解説させて頂きます。

もしご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせてください。

目次

車担保融資(車金融)とは?

こちらの質問について、最近流行りのChat GPTに聞いてみました。下記がChat GPTの回答となります。

車担保融資とは、自動車を担保にして融資を受けることです。つまり、自分が所有する車を担保にして、必要な資金を借りることができます。
車担保融資は、一般的には消費者金融や融資業者が提供しています。
車担保融資は、通常の融資よりも金利が低くなる場合があります。また、担保があるため、審査が通りやすく、借り入れることができる金額も多くなる傾向があります。
ただし、車担保融資を利用する場合は、車の所有権が融資業者に移ることや、返済期間中に車を売却することができないなど、注意すべき点もあります。適切な返済計画を立て、リスクを把握した上で利用することが重要です。

ChatGPT回答

完璧な回答がでてきました(笑)

ただザックリした回答となっていますのでもう少し詳しく解説させて頂きます。

車担保融資は、「不動産担保融資」と同様な、物や権利を融資事業者に提供もしくは預け入れることによって融資を受けられる「担保融資」の一種となります。

「不動産担保融資」について知見ない方は、「車の質屋」と思っていただければイメージしやすいと思います。

重要な点は、車担保融資は、融資手法の1つという点です。本取引は貸金業法に乗っ取り提供される必要があります。

車担保融資に関しては、「詐欺まがいの融資」や「悪徳融資業者の手口」など目にすることがありますが、車担保融資自体は合法なサービスとなります。

車担保融資は、車の資産価値を活用する担保融資であり、車担保融資のメリットとデメリットをしっかり把握した上で検討いて頂けたらと思います。

車担保融資の方式は2パターン

車担担保融資の方式には、「預かり方式」と「乗ったまま方式」と呼ばれる2種類があります。

「預かり方式」での車担保融資

「預かり方式」では、車を車金融業者に預け、融資を受ける方式です。

この方式が通常のため、「車担保融資 = 車の質屋」というイメージとなります。

預かり方式での車担保融資、を利用するメリットは、相対的に「金利が低くなる」「借入額の増額が可能」という点が挙げられます。ただし、車を一時的に手放すことになるため、その期間、車を利用できない、というデメリットもあります。

「乗ったまま方式」での車担保融資

この場合、利用者は車担保融資業者に車を預けることなく、手元に車を置いたまま融資を受けることになります。そのため、メリットとしては、車の使用を継続できることになります。

ただし、乗ったまま方式の利用は、車の名義を融資業者に変更することが前提となる場合がほとんどです。したがって、契約時には名義変更料が必要になるほか、名義変更に伴って毎月のようにリース代金の支払いが生じる可能性(所有者は融資業者となるため)があり、その場合は総支払額が高額になる恐れがあります。

さらに、最も注意を払うべき事項として「車検証」や「自賠責証明書」の引き渡しが挙げられます。

これらの書類の引き渡し行為は違法とはなりませんが、不携帯のまま車の運転を続ければ「車検証不携帯」「自賠責証明書不携帯」等の罰金刑を科されることがあります。

車担保融資業者にとり、「乗ったまま方式」の方がリスクが高くなるため、「貸出金額を抑える」「金利を高く設定する」等のリスクバッファーが必要となり、経済的条件は「預かり方式での車担保融資」に劣後する形となります。

車担保融資を活用できるかのチェック事項

よく受ける質問でもあり、チェック事項を2点消化します。

名義は個人でも法人でもOK

「法人名義の車でも車担保融資(車融資)の活用ができるのか?」というご質問をいただきますが、こちらは可能です。個人名義でも、法人名義でも通常どちらでも問題なく対応できます。

ただし注意点としては、個人名義の場合、貸金業法の規則で「総量規制」というルールがあり、この「総量規制」の対象となります。

リース車での車担保融資活用は可能?

結論から言うとリース車では車担保融資(車金融)は利用できません

車担保融資は返済義務が履行されない場合、車を処分することで債権回収を行う必要があります。

しかし、車の処分権は名義人にしかなく、リース車の車検証に記載の名前は「リース会社」になっている為、車の処分権を利用者が有していない形となります。そのため、リース車では車担保融資(車金融)は利用できません。

車担保融資(車金融)の利用に際しての最低条件は「対象者の名義人であること」と覚えておいていただければ十分です。

車担保融資(車金融)のメリット・デメリットを解説:

上述した車担保融資の方式で「預かり方式での車担保融資」と「乗ったまま方式でる車担保融資」の説明で特徴を説明しましたが、「車担保融資」自体のメリットやデメリットの解説を行います。

車担保融資のメリット

担保価値のある資産を活用した資金調達手法

車担保融資は、所有している価値のある車を活用した融資手法となります。担保融資は無担保融資よりも融資条件が改善され、消費者金融等よりもよりよい条件での資金調達が可能です。

最短即日での資金調達が可能

保有する車という原資産をベースにする資金調達です。車の質屋ですね。この場合、融資実行までのスピードが非常に早く、最短即日ので資金調達が可能です。この点は車担保融資の大きな利点です。

金融ブラックリスト記載者でも利用可

  過去の破産、任意整理、金融機関の債務返済のリスケジューリング実績等あり金融業者のブラックリスト記載者であっても、法的な貸金業法でのルールを満たせば利用可能です。
ません。

保証人が不要

車担保融資(車金融)では、所有する車の試算価値をベースとして融資実行するため、原則保証人が不要となるサービスとなります。

車担保融資のデメリット

次にデメリットを説明させていただきます。

車を売却されるリスクあり

繰り返し説明していますが、車担保融資は、イメージとして「車の質屋」です。従い利用者のリスクについては、質屋の利用時と基本的に一緒です。

従い、返済義務が適切に履行されない場合、車金融会社は質権設定した車を売却する権利を有しています。

車金融(=車担保融資)の利用は「車を売却される可能性がある」ことは必ずきちんと認識しておきましょう

違法業者(闇金業者)が存在する

こちらは、質屋のリスクとは異なる点です。車金融(車担保融資)の認知度は低く、また市場規模も小さいため、違法業者(闇金業者)も存在します。これらの業者と取引した場合、どのようなリスクが顕在化するか読めないこととなります。

貸金業法の適用あり

車担保融資(車金融)は融資の一種であり、貸金業法の適用を受けます。従い、貸金業法の基準を満たさない場合、お取り組みができません。
特に「総量規制」について充足できずに利用不可となるケースが見受けられます。

どちらの登録も業者の安全性を証明する証ですので、これらの未登録業者が提供する車担保融資の利用は絶対に控えるようにしてください。

車金融(車担保融資)においての違法業者(闇金業者)の見極め方:

車担保融資のデメリットの1つとして違法業者の存在を指摘しましたので、その見分け方の1つをご紹介しておきます。

こちらは非常にシンプルで、「貸金業の免許登録がなされているか」をきちんと事前に確認して申込を行うことで、違法業者との取引を避けることができます。

車担保融資は、貸金業登録が必須となり、貸金業法に乗っ取りサービスが提供されます。登録されていない業者は、サービス提供できないので、この点が非常に重要です。

また、嘘の貸金業番号を表示している可能性もあるため、金融庁のホームページで確認するとより正確なチェックが可能となります。

まとめ

  • 車担保融資とは、所有する車を原資産とした融資です。似ているサービスとしては、不動産担保融資や質屋です。
  • 車担保融資 = 車の質屋、というイメージでOK
  • 車担保融資のデメリットとして意識する点は「(1)車を処分されるリスクがある」「(2)違法業者に気を付ける」の2つ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高級車専門の車金融(自動車金融)CarPAYです。
自動車金融について解説します。

コメント

コメントする

目次